光脱毛か医療レーザーか

 直接体に影響を与えるものではない

妊娠すると、脱毛ができなくなるので、胎児に何らかの悪影響があるのではと思っている方も多くいますが、直接胎児に影響を与えるということはありません。
レーザーは毛の元の黒い色素に反応します。そしてレーザーの熱によって毛の元となる毛乳頭にダメージを与えることで毛を生えにくくするというものです。
お肌にも負担がかかるため、妊娠中はお薦めできないのです。
妊娠中と言うのはお肌が敏感な状態になります。いつもと同じことをしていても刺激に弱く炎症や痒みなども引き起こしやすくなります。
またホルモンバランスが乱れ、毛の周期も変わってくるので十分な脱毛効果を得ることができないのです。
万が一のことがあっても保証ができないため、脱毛施術ができないというところがほとんどです。
レーザー自体が直接お肌に悪影響を及ぼすということはありません。
ただ、脱毛は一歩間違えれば危険行為なので安全で信頼のできる医療機関で行うということが大切です。

 

戻る